月別: 2018年1月

注文住宅にしたら家族の笑顔が増えました

子どもが生まれたため、アパートでの生活に不便さを感じるようになりました。子どもが成長してからでは転校などの問題が出てきてしまうため、できればまだ小さいうちに西多摩に一戸建ての注文住宅を建てることにしました。

 

まず、注文住宅を建てるための土地探しから始めました。探す条件は、小学校から近くにあり通学に便利な場所、旗竿の形状だと使い勝手が悪くなるので、前面棟のない南道路の日当たりのよい土地でした。幸いなことに、現在住んでいる場所からあまり離れていない場所に、希望する土地を見つけることができました。

 

注文住宅の建築を依頼するハウスメーカーは、数社の中から選びました。私達が希望する家の条件は、子育てのしやすく明るく温かい家です。アパート生活では、ベランダが狭く不便を感じていました。窓も設置場所が悪く、太陽の光を十分に取り入れることができませんでした。

 

そのため、注文住宅ではベランダを広くし、窓のサイズも大き目に設計してもらいました。キッチンやバスルームは、私の好みのデザインにしてもらったので、毎日の食事作りなどが楽しくなりました。

 

注文住宅は建売住宅よりも価格が高くなりますが、全てを自分たちの希望で作ることができます。設計などで悩んだりしましたが、その分愛着がわき家を大切にするようになりました。アパート生活の時より主人との会話が多くなりました。大切な子どもの将来のため、注文住宅を建てて満足しています。

暖かい自宅は自慢です

私が住んでいる自宅で、とても自慢するところがあるとしたら暖かいということです。
これは、とても大切な事ですね。
自宅に帰宅した時に、とても暖かいのでそれでホッとすることができます。

 

以前の自宅は、とても寒かったのです。
その理由としては、まずとなりに川が流れているということです。
夏は涼しいのですが、冬は最悪です。
友人たちも私の自宅を冬に訪れた時に、そそくさを帰って行きました。
それは、とても寒いからなんですね。

 

そのため、家を建てる時に川の近くでないところがいいと思っていました。
そして、今の土地に家を建てることができました。
今の家は、住宅街にあるのでとても暖かいです。

 

また、その家は暖房をつけなくてもいいいほど断熱材が含まれているのでその関係でも暖かいのです。
そのため、自宅でいる時間が多くなっています。
これは、年を取るほど本当に良かったと思っています。
寒いと、血圧が高くなるので健康上も良くないのです。
その点でも、青梅市に新しく注文住宅を作ってよかったです。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén